カツカレー|SANZOU TOKYO(下北沢)

下北沢SANZOUTOKYO

ミウランドは必ず行きたい

ボンベイファンにはたまらない夜

東京カレーマガジンの高木です!

月曜日の楽しみといえばミウランド!
@sanzoutokyo のアカウントをチェックしていると出会えるスペシャルな日です!
この日はなんとカツカレーが登場!行くっきゃないぜ!

ミウランドとはSANZOU TOKYOのスペシャルイベント!

<ミウランドとは>SANZOU TOKYOのミウランドとは、たまに月曜日直前に開催されるイベントで、この日しか食べられないスペシャルなメニューが登場します!作ってくれるのは柏ボンベイのオーナーでもある磯野氏と、ボンベイを支える三浦氏!サンゾウ、ボンベイファンにはたまらない日なんです。

※毎週ではないので、インスタを要チェック!

SANZOU TOKYOのカツカレー

下北沢SANZOUTOKYO
カツの端っこに脂があるとテンションあがります


入店し、カツカレーはどう注文したらいいのかなぁと思っていたら、なんと好きなカレーを選んで良いとのこと!これは・・・試されているかもしれない?!なんて、勝手にテンションがあがりカツに合うサンゾウのカレーを脳内イメージ!

サラリとしたソース系のカシミールがいいかなぁとは思ったのですが、辛さが強いので、間をとって、ミックスか・・・うーん、インドカレーがあればなぁ・・・は!😲もしや、ウルルカレー(ゆるめ)が合うのでは!そう思い、ウルルカレーをチョイス😉

カツはなんとプラス500円!ワンコインに驚きました

下北沢SANZOUTOKYO
表面は細かいパン粉でカリッカリに揚がっていました

国産豚をじっくりと揚げていきます、揚げ時間長めで黄色というよりは、茶色目にしっかりと揚がっている様子。少し休ませてから包丁で三浦さんが切る音がエグい!ザックザックと、トンカツを切っているとは思えない良い音がしておりました。

下北沢SANZOUTOKYO
このカツが500円だなんて、、、ありがとうございます。

そしてこれも楽しみにしていたお米!磯野さんの地元、柏で作られた新米はみずみずしく、蒸気が飛んで表面が乾いた質感がたまりません。そんなお米の絨毯の上に、浮かぶように乗っかるトンカツのコントラストが素敵な見栄え。

下北沢SANZOUTOKYO

そこにゆるめのウルルカレーを豪快に流し込んで完成です!
あ、忘れちゃいけないのが今回特別に用意された自家製の福神漬けと、らっきょう!手作りの福神漬けですが、赤いのは三浦さんのこだわり!

下北沢SANZOUTOKYO
福神漬けとらっきょうも特別提供

これが味強めなウルルと相性がめちゃくちゃいい!常備希望!

下北沢SANZOUTOKYO
辛めで濃厚なソースと福神漬けはうまいに決まっている

今回の主役のトンカツはソースも塩もかかっておらず、まずはそのまま一口。
ザクリ!細かい固めなパン粉がザクザクと楽しい食感、その香ばしさと肉本来が持つ旨味と油が混ざり合って、これだけで十分にうまい。素材の味を確認したところで、そのまま新米をほうばり、炭水化物とのマリアージュを楽しむ。

下北沢SANZOUTOKYO


とんかつソースのかわりに、ウルルを少し乗っけて食べてみたりと、おいしくいただきました。

当時のデリーでは時々カツカレーが振る舞われたそうで、それを思い出して実現したそうです。みなさんだったら、どのカレーと合わせていましたか!?またある時は一緒に悩みましょう!(笑)

下北沢SANZOUTOKYO
最後はもちろんアイスチャイ!

SANZOU TOKYO 地図と店舗情報

店名SANZOU TOKYO
電話番号03-5738-7744
住所世田谷区北沢3-19-20 reload 1-7
営業時間11:00 – 20:00(L.O.19:00)
変更になる場合がございます。
定休日なし
WEBhttps://sanzoutokyo.com/

カレー好きならチェック!

¥864(2024/05/16 18:21時点 | Amazon調べ)
著:dancyu編集部
¥864(2024/05/09 17:56時点 | Amazon調べ)