ダブルカレー|Namery Roasted/Curry Labo Tokyo(内幸町)

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo

カレーもスイーツもおしゃれ!

日比谷公園の中にある古民家カフェ

日比谷公園の中に美味しいカレーがあると聞いて
Namery Roasted/Curry Labo Tokyoへと伺いしました。

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
霞が関からすぐ入り口があります

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
日比谷公園の中に佇む古民家カフェ

ロケーションとしては、日比谷駅から公園の中を散歩しながら向かうのもいいですし、内幸町や、霞が関からがより近いですね、新橋からも歩けなくはないかなと思います。

キャッシュレス決済で、コーヒーなども食事と一緒に提供するというスタイルで
いろいろと無駄がないオペレーションで新しいスタイル。
メニューも紙メニューもなくて、レジカウンターでタブレットに表示されるメニューからオーダー
優柔不断の人は焦っちゃいますね(笑)

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
タブレットに売り切れとアナログな一面も!

カレーの種類は12種類!

カレーの種類の多さにも驚きました
なんと12種類!しかもどれも手のこんだカレーメニュー!

お肉/アジア/野菜という独特なカテゴリー分けがされています。

お肉

特選黒毛和牛カレー
松阪牛キーマカレー
松阪牛スパイシーカレー
松阪牛インドカレー

アジア

スパイシーチキンカレー
バターマサラチキン
タイグリーンカレー
麻婆坦々ビーフカレー

野菜

熟成トマトカレー
トマトバターカレー
スパイシーほうれん草カレー
ココナッツレモンカレー

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
チーズケーキもおすすめメニュー!

悩みに悩みましたが、行く前から気になっていた
松坂牛スパイシーカレー
店員さんにおすすめを聞いたトマトバターカレーをオーダー
カレーはシングルとダブルが選べるのですが
断然ダブルがおすすめです。

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
レトロプリン

そしてプリンに目がないので、レトロプリンもお願いしました

Namery Roastedの店内は1Fにカウンター席、テーブル席、テラス席があり
2Fにもゆったりとした席がありました。2Fはテーブルが膝の高さまでしかないので
スイーツ向きかもですね

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
広々とした2F席
Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
1Fは天井も高くて素敵でした

Namery Roasted/Curry Labo Tokyoのダブルカレー(1,300円)

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
松坂牛のスパイシーカレー/トマトバターカレーのダブル

エディブルフラワーが散りばめられた
見た目が映えまくりのダブルカレーが運ばれてきました
トレイ、カトラリーもおしゃれで洗練された雰囲気です。

松阪牛スパイシーカレー

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
松阪牛スパイシーカレー

想像以上に濃厚な欧風テイストのカレーで、粘度強めでめちゃめちゃ美味しい。
松阪牛も厚めに2切れ入っているんですが、これがいい感じに脂をまとっていて、濃厚なソースと
相まって、旨さが凝縮されてました。口にふくんだあとに、鼻呼吸で嗅覚でも楽しみたいほど。

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
お肉もとってもおいしかった!

トマトバターカレー

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
トマトバターカレー

バターチキンカレーにトマトの酸味と旨さをあわせたカレーといったらわかりやすいでしょうか。
こちらもとても濃厚だったので、贅沢に材料を使わないとこのコクは出せないだろうなと思いました。
これで、シングルが約800円なのに、1300円という安さでいいのか。。。というほどおいしいカレーでした。

カレーは2種類のオーダー方法:シングルカレーとダブルカレー

シングルはさきほどのメニューから1品選んで、基本的にはライスとカレーのみのようです。そこにサラダをつけたり、「映えトッピング」というメニューまであって、おしゃれにトッピングしてくれます。

そしてダブルカレーはカレーを2品選ぶことができて、
さらに「映えトッピング」も含まれている価格設定で、断然お得。
サラダはトマトのマリネがすごくおいしくて、カレーと合っていましたし
人参のシリシリももたくさん乗ってて、おいしいし、見栄えもいいし、お腹に余裕がある方は
ダブルカレー一度ですね!

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
映え!

こんなクオリティのカレーがまだまだ種類あるというのが驚きです。
他にもスパイシーほうれん草カレーも、麻婆坦々ビーフカレーも気になります。

Namery Roasted/Curry Labo Tokyoのレトロプリン

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
レトロプリン(500円)

最後にいただいたレトロプリンもおすすめ!
固めのプリンが好きなのですが、その中でもかなり固めのレトロプリンは
まるでチーズケーキのような食感で、カラメルを絡めながら食べると甘くておいしい
絡めずに食べると卵の味が楽しめるプリンでした。
これが500円とは思えないボリュームで、コスパが高い。

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
プリンで見たことのない細かいテクスチャ

平日のお昼でしたがお客さんが絶えずいらっしゃってました。
みなさんチーズケーキとカレーがお目当てだったみたいです。
次回はチーズケーキも食べてみたいです!

Namery Roasted/Curry Labo Tokyo
看板もかっこいい